比べてみました!通販可能なお食い初めメニューランキング6サイト

top > お食い初めメニューの豆知識 > お食い初めのメニューにはそれぞれ意味がある

お食い初めのメニューにはそれぞれ意味がある

お食い初めの儀式は古来平安時代から続いている伝統的な儀式です。
その赤ちゃんが一生食べ物に困りませんようにという願いを込めて行います。
立派な御膳を用意するものの実際には食べる真似をさせます。
そして大体、この時期くらいになれば初めての歯が生え始める赤ちゃんも多いですので、この儀式の時に歯固めと呼ばれる儀式も行うのが一般的です。
親戚全員を呼んで行うことが正式だったようですが現代ではそこまでしきたりにこだわらない家柄も増えています。
その場合は両親のみでも良いでしょう。
しかし、成長を喜び、願う儀式ですので父方母方のそれぞれ両親が来たいと考えているかもしれません。
その場合は尋ねてみるほうが良いでしょう。
用意するものはまず祝い膳です。
正式には、器は漆の器でお箸は柳の白木と決められています。
また性別によっても用意するものが変わってきます。
硬いものの象徴として石を使います。
この石を口にあてて将来硬い食べ物でも食べられるくらい丈夫な歯が生えてきますようにと願いを込めます。


やり方としては、お膳に料理を並べ祝ってくれる親族のうちで一番長寿のおじいちゃん、おばあちゃんが赤ちゃんを膝に抱いて食べさせる真似をします。
しかし現在でこだわらず、両親が行えばよいとも言われています。
メニューとして用意するものは、赤飯、尾頭付きの鯛、お吸い物、煮物お漬物、歯固め儀式のための小石です。
それぞれに意味があり食べさせるのにも順番があります。
赤飯、吸い物、赤飯、鯛、赤飯という繰り返しを3回行います。
地域によって様々です。
小石の代わりに碁石やタコを使ったりする地域もあるようです。
赤飯には、邪気を祓う魔よけの意味もあります。
お吸い物は赤ちゃんの吸う力が強くなりますようにという願いです。
中に入れるはまぐりには良い伴侶に巡り合えますようにという願いもあるようです。
そして鯛は、言わずと知れたおめでたい席では欠かせない食べ物です。
それぞれにいわれがありますので知ってみるのも面白いでしょう。


一般的なお祝いのやりかたを知っておくことは大切なことではありますが、最近ではそれほどしきたりや料理にこだわらず、肩肘張らずにお祝いをする方も増えています。
大変な時期ですので、レストランなどでお祝い膳を用意してもらって済ませることも出来ます。
また漆の器も一回きりで後になかなか使う機会がないという方も多いです。
その場合は、今後使う幼児になっても普段から使えるものを用意すれば合理的です。
またレンタルというシステムもあります。
何よりも大切なのは赤ちゃんの成長をお祝いするという気持ちであることを忘れずに行いましょう。
産後間もないお母さんにとっては負担になる場合もあるでしょう。
その場合には、鯛だけ準備して他は宅配で頼むなどといった合理的な方法も利用するのも一つの方法です。
またその際には親戚や祖父母を招くかは、やはりお伺いをたててみることも大切です。
各地域のならわしがあるので、その地域のことは、親戚や家族に確認するのが一番スマートです。