比べてみました!通販可能なお食い初めメニューランキング6サイト

top > お食い初めメニューの豆知識 > お食い初めはどんな手順で行えばよいか

お食い初めはどんな手順で行えばよいか

お食い初めは、赤ちゃんのお祝いの行事のことです。
生後100日から120日目頃にこれから先、一生食べ物に困らないようにという願いを込めてごちそうを食べさせる真似をする儀式です。
日本古来の伝統行事です。
無事に生後100日の節目を迎えられたことを神様に感謝して、成長を祝いましょう。
この時期の赤ちゃんはまだ離乳食も始まっていないので、固形物を食べることができません。
口に近づけて食べさせる真似をします。
赤ちゃんにとってはとても大切な一度の行事ですからお祝いして挙げましょう。
お膳の献立は一汁三菜が基本です。
一般的には赤飯、鯛、煮物、汁物、香の物を用意します。
生きてゆくうえで必要な食材として、穀物、海のもの、山のもの、飲み物、塩を与えるという意味が含まれています。
歯固めの石も用意します。
これは、丈夫な歯が生まれることを願うためのもので、近所の川原などにあるものでも代用できます。


最近では、レストランなどのプランを利用するなどやり方も様々です。
そして用意する食器も本来は、漆器や素焼きのものを使い、お箸は柳の白木を使うと言われています。
器の色も男の子は朱塗り、女の子は外側が黒塗りで内側が朱塗りのものが基本です。
ただ、この辺りは簡素化されていて、後々使うベビー食器などで代用したりする方も増えているようです。
この辺りの考え方は、家族や親戚に確認しながら行うと良いでしょう。
生後3か月ごろというのは、育児に慣れてきたころとはいえ、これらを全て自分で準備することが大変な時期です。
あまり気負わず、料理屋さんで行ったり、最近では通販でお食い初め膳が注文出来たりします。
赤ちゃん連れの外出は疲れるといった方は自宅でのんびりと出来ますし、また冷凍状態で届くので赤ちゃんの体調に合わせて日を調節することも出来ます。
便利なものを利用して無理のない計画をしてみると良いでしょう。


食べ方にも正式なやり方があります。
親戚や祖父母の中で一番長寿な方に食べさせてもらうと言いと言われています。
長寿にあやかるという意味が込められています。
さらに男の子は男性の養い親のひざ、女の子は女性の養い親のひざで、食べる真似をさせるのが正式です。
最近では、お食い初めの儀式を両家の祖父母と共に行うことが多く、祖父母が養い親になることが一般的なようです。
しかし、現代では祖父母が遠方の場合は両親だけで行うケースも多いです。
その場合は男の子なら父親、女の子なら母親が行うなどして対応しましょう。
また食べさせる真似を行う時には使う箸も祝箸を用意しましょう。
そして実は、食べさせる順番も正式には決まっています。
お赤飯から始まり、お吸い物、そして再びお赤飯、鯛、またお赤飯といった風に続いていきます。
順番が複雑なので最近では簡素化されていますが、正式にこだわりたい方は、一度調べてみると良いでしょう。

次の記事へ